元カノと再会するまでの連絡の取り方

[彼女にアプローチする, 復縁実現講座, 連絡の取り方]

いきなり元カノをデートに誘ったら、断られる!?

151128a

 

前々回、前回の記事においては、

冷却期間を経たあなたが、最初に元カノに連絡する方法についてお話しました。

第三者に協力してもらって、元カノに連絡する方法

第三者の協力を得られない場合の、元カノとの連絡の取り方

 

これによって、二人の連絡のやりとりが再開したわけですが、

このままメールやLINEのやりとりのみでは、

彼女の気持ちを完全に取り戻すことはできません。

 

もちろん、メールやLINEのやりとりでも、

ある程度は二人の間の距離を縮めることはできるのですが、

やはり、彼女の気持ちを完全に取り戻すためには、

直接会う必要があるわけです。

 

なので、彼女と連絡のやりとりを再開したからには、

彼女と再会するという明確な目的を持った上で、

メールやLINEをしていくべきなのです。

 

ただし、彼女と再会するにあたっては、

いきなりデートに誘ったところで、十中八九、拒否されてしまうでしょう。

 

ですから、彼女と再会するためには、

いきなりデートに誘い出すのではなく、

しっかりと正しい手順を踏んで進めていく必要があります。

 

そこで今回は、

元カノと再会するまでの連絡の取り方

と、題してお話していきます、

 

ぜひあなたも今回のお話をふまえて、

元カノとの連絡を再開したら、

正しい手順を踏んで確実にデートに誘い出していきましょう。

 

元カノと再会するまでの連絡の取り方

 

それでは早速ですが、

元カノと再会するまでの連絡の取り方

としては、以下の流れで進めていきます。

 

STEP1:あなたの気持ちを彼女に正しく伝えていく

STEP2:じょじょに彼女との連絡の頻度を増やしていく

STEP3:可能であれば電話をする

STEP4:彼女が楽しそうな雰囲気を出してきたらデートに誘う

 

以上の手順を正しく実践することにより、

あなたはより確実に元カノをデートに誘い出せるわけです。

 

では、1つ1つのステップについて、詳しくお話していきましょう。

 

STEP1:あなたの気持ちを彼女に正しく伝えていく

 

以下の記事でもお話しましたように、

復縁を実現させるためには、あなたの気持ちを正確に彼女に伝える必要があります。

あなたの気持ちを元カノに正しく伝えるための4つのポイント

 

ですが、多くの男性は、自分の気持ちを彼女に伝えることが下手なので、

復縁が実現することなく終わってしまうわけです。

 

なので、あなたは彼女との連絡を再開させたからには、

今一度、上の記事を読んで、自分の気持ちを正確に伝えていきましょう。

 

ただし、あなたの気持ちを伝えるにあたっては、

ネガティブな内容はひかえて、なるべくポジティブな内容にしましょう。

 

やはり、彼女からすれば、

ネガティブなことばかり言ってくる人とは連絡を取りたくないですからね、

 

逆に、ポジティブなことを言ってくる人とは、連絡を取りたくなるものです。

 

そして、あなたの気持ちが彼女に正確に伝われば、

彼女の中でも、あなたと接触したいという欲求がどんどん高まっていくわけです。

 

STEP2:じょじょに彼女との連絡の頻度を増やしていく

 

STEP1であなたの気持ちを彼女に正確に伝えていって、

彼女の方も、あなたと接触したいという欲求が高まってきたら、

連絡の頻度も増やしていきましょう。

 

例えば、

最初は1週間に1回ぐらいだった連絡頻度を、3日に1回程度に増やしたり、

3日に1回ぐらいだった連絡頻度を、1日に1回程度に増やしたりするわけです。

 

連絡頻度をじょじょに増やしていくことにより、

二人の距離もじょじょに縮めていくことができるわけです。

 

STEP3:可能であれば電話をする

 

彼女と頻繁にメールやLINEができるようになってきたら、

可能であれば電話をしてみましょう。

 

やはり、メールやLINEなどのメッセージのやりとりに比べると、

生で会話をすることができる電話の方が、

より二人の関係を親密にさせることができます。

 

また、彼女をデートに誘い出す場合でも、

メールやLINEよりも、電話の方が、相手とリアルタイムで対峙している分、

より断られにくくなります。

 

ですから、事前に電話ができる間柄にしておくことにより、

後日、彼女をデートに誘い出す時にも電話をすれば、

より確実に彼女からOKをもらいやすくなるわけです。

 

電話をかける時間帯としては、

彼女がいつもメールを送ってくるぐらいのヒマな時間にかけるようにしましょう。

 

彼女が忙しい時間帯にかけてしまったら、迷惑がられてしまいますからね、

 

そして、電話で彼女と話すにあたっては、

あまり長電話にならないよう、会話が盛り上がったら早々に切ってください。

どんなに長くても30分程度までにとどめてください。

 

これにより、「じらし」効果が生まれ、

彼女に、「また電話で話したい」とか、「会って話したい」などといった、

感情をひきおこさせることができるわけです。

 

尚、彼女が電話が苦手なタイプだったり、

どうしても電話がかけづらいというのであれば、

引き続き、メールやLINEのやりとりのみでも大丈夫です。

 

STEP4:彼女が楽しそうな雰囲気を出してきたらデートに誘う

 

メールやLINE、電話などで連絡のやりとりをしていく中で、

“彼女が楽しそうな雰囲気”を出してきたら、そろそろ頃合いですので、

デートに誘い出していきましょう。

 

“彼女の楽しそうな雰囲気“とは、

メールやLINEであれば、絵文字やスタンプを多用するようになったり、

文章の内容が明るく楽しい感じになってくればOKです。

 

電話であれば、会話の内容、声のトーン、笑い声、

などから、読み取ることができます。

 

彼女があなたとの連絡のやりとりにおいて、

そのような楽しそうな雰囲気を出してきたのであれば、

デートに誘い出しても問題無いというサインなのです。

 

逆に、彼女が楽しそうな雰囲気を出しているのにも関わらず、

いつまでもデートに誘わなかったら、

タイミングを逃すことになりますので注意しましょう。

 

デートの時間帯としては、

はじめは夜の時間帯よりも、昼の時間帯の方が無難です。

 

やはり、夜の時間帯ですと、

彼女の方も「再会して、いきなりエッチしたいわけ??」

などと思って、警戒してしまうわけです。

 

ですから、最初の再会は、

昼の時間帯にランチやお茶のデートにした方が、より断られにくくなります。

 

彼女をデートに誘い出す際には、

「卵がフワッフワッのうまいオムライス屋があるんだけど、今度行ってみない?」

などといったように、おいしい食べ物をエサに誘い出すと効果的です。

 

ここで、

「食べ物をエサに・・・って、動物かよ!」

などと、ツッコミがあるかもしれませんが、

どんな女性であれ、おいしい食べ物には弱いものです。

 

そして、おいしい食べ物を食べた後であれば、お互い機嫌が良くなり、

二人の良好な関係を構築しやすい空気もできあがるわけです。

 

 

以上、

元カノと再会するまでの連絡の取り方

についてお話しました。

 

あなたも、正しい手順を実践して、彼女を確実にデートに誘い出そう

 

今回のお話いかがでしたでしょうか?

 

おさらいしますと、

元カノと再会するまでの連絡の取り方

は、以下の流れになります。

 

STEP1:あなたの気持ちを彼女に正しく伝えていく

STEP2:じょじょに彼女との連絡の頻度を増やしていく

STEP3:可能であれば電話をする

STEP4:彼女が楽しそうな雰囲気を出してきたらデートに誘う

 

以上の手順を正しく実践することにより、

あなたはより確実に元カノをデートに誘い出すことができるわけです。

 

ということで、ぜひあなたも今回のお話をふまえて、

元カノとの連絡を再開させたら、

正しい手順を踏んで確実にデートに誘い出していきましょう。

 

 

さて、これであなたは彼女をデートに誘い出すことができたわけですが、

次回の記事では、

復縁を実現するためにはどのようにデートを進めていけばよいのか、

について、お話していきます。

 

ぜひ次回の記事も楽しみにしていてくださいね。

>>あなたが元カノとの再会のデートでやるべきこと

 

あなたが今すぐ確実に元カノと復縁する方法

 

あなたも、今すぐ元カノと復縁したいと思いませんか?

 

たとえ、元カノと連絡すら取れない状況であっても、遠距離であっても、

最悪の別れ方をして二人の関係修復が絶望的な状況であっても、

正しい復縁の方法を学んで、正しいアプローチを実践すれば、

必ず元カノと復縁することができます。

 

私自身も、元カノと連絡すら取れない状況で、協力者も得られず、

二人の関係修復が絶望的な状況だったのにも関わらず、

正しい方法を学んで実践することにより、短期間で復縁することができました。

 

ですから、あなたにできないわけがありません。安心してください。

 

あなたも復縁の正しい方法を学んで、元カノとの幸せな日々を取り戻してみませんか?

あなたが今すぐ確実に元カノと復縁する方法

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ